インプラント歯周炎という病気があります。

この病気は進み具合によって二種類があります。
まず一つ目はインプラントと周囲粘膜にだけなるインプラント周囲粘膜炎というものです。

二つは人工歯根を支えた骨にまで炎症が達した段階の周囲炎です。

主なインプラント周囲炎の症状は痛みや出血が生じたり、歯茎が次第に痩せてきたりが主な症状です。歯が抜けたあとは、治療方法には3つがあります。インプラントの他、ブリッジと入れ歯になります。

ブリッジからいくと健康な歯を削るなどして犠牲にします。

それに加えて、はめる部位によっては銀歯にしなければいけません。

しかし外科手術等も不要で、割と簡易な治療で終えるというメリットがブリッジにあります。

入れ歯の方では、ブリッジと同様程度のメリットですが、やはり違和感を感じやすく、咀嚼力が天然歯の約%50ぐらいにまで落ち込むという欠点などがあります。

3つ目に、インプラント治療は保険外の自由診療で手術も必要となり治療期間は長めという欠点がそれぞれ存在しますが、やはり審美性が高く、咀嚼能力も最も良いというメリットがあります。インプラントを劣化させず長持ちしていくためにもかならず耳の片隅に置いておきたいことがありますね。
それはインプラント治療を進める前に、様々な病原菌を作る歯周病治療をしておくこと。そして二つ目はインプラント手術後もメンテナンスを受けることです。万が一インプラント治療のみだけで、メンテナンスをしなかったらインプラントが抜けてしまうインプラント周囲炎の怖い病気になります。

インプラントの歯科をチョイスするポイントが当然あります。
最初に過去に多くの症例を経験してきたドクターであるのかどうかが非常に大切なチェック項目です。

またインプラント治療のみならずそれ以外の違う治療方法(ブリッジ・入れ歯)や、インプラント自体のメリットとデメリット、治療の期間やトータルコストなどを患者目線に立った上で丁寧に説明&相談してくれる歯科医院であるのかどうかです。
最後にインプラントの治療・手術が終わった後でもきちんと定期検診してくれる医院かどうかも非常に大切な選項目です。

インプラントの造りは、人工歯根をその歯根の上部につけるアバットメントと呼ばれる支台部と、でその支部台の上に人工の歯冠をかぶせるという部品でできた造りになっているのです。インプラントの種類では人工歯根つまりインプラントと人工歯の下の支台部がネジでとめている2ピースタイプと人工歯根と支台部が一つになっている1ピースタイプのものがあります。

インプラント治療はデメリットはありますが、当然メリットもあります。

メリットの方では、天然の歯とほとんど同等の力で強く噛むことできるの事です。

次のメリットはわざわざ虫歯のない健康の歯を削らなくて済むことです。

それから、見た目的に天然の歯を同じくらい美しいです。
また異物感はないです。

さらにインプラントはきちんと会話ができるメリットもあります。

ではインプラントのデメリットは、普通の歯治療とことなり非常に高額なとこです。で、手術が必要です。
また定期的なメンテナンスが必要ということです。

さらにはすべての種類のインプラントがまれに骨とくっつかないケースが生じます。

http://xn—-ieu2encweqcc2521gc6c.xyz/