インプラントの場合にはメリットとデメリットがあります。

最初にメリットは本来の自分の歯をほぼ同じ力で噛むことができるということです。つぎに健康である歯をけずる必要がないことです。
そして、審美的にもグッドで、自分の歯とほとんど見分けがつきません。また、次のメリットでは入れ歯やブリッジといったものと違い、口の中での異物感は感じません。
さらには、インプラントは顎に埋め込むため、天然の歯と同様にしゃべることができます。

デメリットは、インプラント自体の値段が高いことが挙げられます。場合によっては神経や血管を傷つけてしまう恐れのある手術が必要であることです。また、メンテナンスは必須な治療方法です。さらには重い糖尿病や骨粗鬆症の患者さんはインプラント治療ができません。

インプラントの構造はどういうものかというと、ネジのようなチタンで作られた人工歯根とその人工歯根の上にとりつけられるアバットメントと、でその支部台の上に人工の歯冠をかぶせるという主に三つの部位でできた造りになっているのです。

また、代表的なインプラント種類ではインプラントとアバットメントをネジでくっつける2ピースのタイプと歯根と支台が一体と化した1ピースタイプの二種類が現在あります。インプラントの歯科医院をチョイスするポイントが当然あります。

最初に過去に多くの症例を経験してきたドクターかどうかでしょう。

またインプラントの治療以外の治療方法や、それぞれのメリットとデメリット、値段や治療期間なんかを患者目線に立った上で丁寧に説明&相談してくれる歯科医院か?です。

それからインプラント治療後もしっかりメンテナンスしてくれるところかどうかも非常に大切な選項目です。とても嫌なインプラント歯周炎という病気が存在します。

この病気は進み具合によって二種類があります。

ひとつめは埋入したインプラントのその周囲にだけなる初期のインプラント周囲粘膜炎です。そして、より進行したインプラント周囲炎というものです。

周囲炎の症状としては痛みや出血が生じたり、歯茎の退縮になったりすることです。
虫歯が抜けた後、治療方法には3つが選ばれることかと思います。

インプラントとブリッジ、そして入れ歯です。ブリッジからいくとどうしても健全な歯を削らなければいけません。そして、付ける部位で銀歯にしなければいけないデメリットもあります。

しかし外科手術等も不要で、割と簡易な治療で終えるという良い点(メリット)があります。
次の入れ歯では良い部分はブリッジと近いですが、なにか変な感じという違和感があり、咀嚼能力が低いという良くない点があります。

最後の治療法の最近注目を浴びているインプラント保険外の自由診療で手術がいるし埋入歯の数によって治療期間が長いというデメリットがあるのだけれども、他よりは審美性が良く、天然歯と同様の力で噛む事ができるメリットがあります。

インプラントをずっと使い続けるためにも念の為に知っておきたいことがあります。
インプラント治療開始前にどんどん歯が抜けていく歯周病の治療をしておくこと。二つめは埋入した後でも歯医者さんの定期検診を受けることです。

もし放置やメンテナンスを怠ると歯周病で歯が抜け落ちてしまうようにインプラントが抜け落ちるインプラント周囲炎になりうるでしょう。

http://xn--eckvdxb1d3bc7344d6iq.xyz/