インプラントの構造はどういうものかというと、人工歯根をそこの上に取り付ける支台部と最後にその支台部に被せる白い素材でできた人工歯との三つの部品からなる構造です。

インプラントの種類では歯根と支台部をネジなんかでとめる2ピースタイプと元々インプラントと支台部が一体化している1ピースタイプのものがあります。長い間インプラントをしていくためにも、当然にずっと心にとどめておきたい大切なポイントがあります。

インプラントする前に、歯を溶かしていく歯周病の治療をしておくこと。それからインプラントの治療・手術の後でも積極的に歯科医院のメンテナンスを受けてチェックしてもうらことです。万が一インプラント治療のみだけで、メンテナンスをしなかったらある日、インプラントが抜け落ちるなりたくない病気になってしまう可能性が生じます。インプラントの場合にはデメリットもあり当然メリットもあります。

メリットの方では、天然の歯とほとんど同等の力で強く噛むことできるの事です。

次では、インプラントをする以外の健康の歯には影響をうけません。そして天然の歯と見分けがつかないくらい美しいです。

それからブリッジや入れ歯との違いでいうと、まずインプラントには何か口の中に入れているという感覚がありません。さらにインプラントは普通に会話ができるメリットもあります。ではデメリットの方では、インプラントそのものが高額です。人工歯根を骨の中に埋め込む外科処置が必要となってきます。また定期的なメンテナンスが必要ということです。

さらに全てのインプラントが骨とつくわけではないということです。歯周病とかで抜歯した後は、3つの治療方法で行っていきます。

ブリッジ・入れ歯・インプラントの3つです。

ブリッジは他の健康な歯を削る必要があります。加えて、場所によっては銀歯になります。

しかし、外科手術等も不要で、割と簡易な治療で終えるという良い点(メリット)があります。入れ歯はメリットはブリッジと似ていますが、どうしても違和感を覚えやすく、咀嚼力が天然歯の約%50ぐらいにまで落ち込むというデメリットがあります。

最後にインプラント治療法は自由診療のため高額になり、外科手術がマストかつ長期間の治療を生ずるというデメリットがありますが、やはり審美性が高く、生まれ持った歯と変わらない咀嚼能力というメリットがあるので、インプラントをする人も増えています。インプラント(人工歯根)を選ぶポイントはやはりあります。

まず、経験豊富な医者であるのかどうかが非常に大切なチェック項目です。次に、きちんと他の治療方法(入れ歯やブリッジなど)や、しっかりとメリットだけではなくデメリットの説明や、治療の期間やトータルコストなどをわかりやすくかつ丁寧に納得するまで説明してくれる歯科医院かどうかということです。最後にインプラントの治療・手術が終わった後でもきちんと定期検診してくれる医院かどうかしっかりリサーチして選ぶ上での大事な項目にする必要があります。

インプラント歯周炎があります。この病気は進み具合によって二種類があります。
一つ目は初期のインプラント周囲粘膜炎です。

二つ目は顎の骨の方まで炎症したものです。主なインプラント周囲炎の症状は出血がでたり膿がでたり、インプラントがグラグラしてきたりすることです。

http://xn--eckvdxb1d3bc7309ds7leix9l3a.xyz/