歯周病とかで抜歯した後は、3つのやり方で治す方法が選ばれることかと思います。

インプラントとブリッジ、そして入れ歯です。ブリッジ治療は他の何も問題ない歯を削る必要が生じます。

それにはめる所により銀歯になります。

しかし治療期間も短期で、違和感も少ないというメリットがブリッジにあります。

次の入れ歯ではメリットはブリッジと似ていますが、異物感を感じやすく、咀嚼力が天然歯の約%50ぐらいにまで落ち込むという欠点などがあります。

最後の治療法のインプラントはインプラント自体が高額で、外科手術がマストかつ治療期間は比較的長くなるという欠点があるのだけれども、やはり審美性が高く、咀嚼能力も最も良いというメリットであるため、長い目でみてもおすすめです。インプラントの歯科医院を見極めるポイントがあります。まずは実績・技術力ともに全く問題ない歯科医師であるかでしょう。

そしてインプラント治療のみならず、他の治療方法や、全ての治療方法を含めた上でのメリットやデメリットの提示、治療の期間やトータルコストなどをわかりやすく説明する歯科医院かどうかですね。それからインプラント手術や治療が一段落ついた後でもきちんと長持ちさせるためにメンテナンスを行っている歯科医院であるのかどうか大変大事な選定ポイントになります。

大変怖いインプラント歯周炎があります。

これは二つの異なる歯周炎に分類されます。まず一つ目はインプラントと周囲粘膜にだけなる初期的なインプラント周囲粘膜炎という病気です。それから進行形のインプラント周囲炎です。

周囲炎の症状としては周囲粘膜が赤くなって出血・膿が出たり、歯茎が次第に痩せてきたりすることです。そもそもインプラントってどんなものかというと、ネジのようなチタンで作られた人工歯根とその人工歯根の上にとりつけられるアバットメントとその台の上を被せる上部構造と言われる人工歯との三つの部品からなる構造です。次にインプラントにはどういうものがあるかというとインプラントとアバットメントをネジでくっつける2ピースのタイプと人工歯根と支台部が一つになっている1ピースタイプの二種類が現在あります。インプラントを10年も20年も使えるために必ず知っておいてほしい大切なことがあります。それはインプラント治療開始前に、歯周病の治療を予め済ませておくことです。二点目はインプラント手術後もインプラントの周囲の歯のお手入れといったメンテナンスをしてもうら必要性です。
でも、メンテナンスを受けなかったら最後にはインプラント自体が抜けて取れてしまう嫌な病気になったりします。インプラント治療はメリットとデメリットがあります。

まずメリットは強く噛めることが可能ということ。

次に、健康の歯を削る必要がないことです。

そして、見た目として自分の歯とほとんど見分けがつかないです。

またブリッジや入れ歯と異なり、異物感がありません。

さらにきちんとしゃべることが可能になります。
デメリットは、やはり高額な治療になることでしょう。

そして手術を必要とします。

また、メンテナンスは必須な治療方法です。

さらには、医師の技量にもかかってくるため、治療中事故(医療事故)が生じないとは言えません。

http://xn—-jeu2encweqcc6194i62xa.xyz/