インプラントを10年も20年も使えるために是非解っておきたい事があります。

それはというとインプラント治療する前に、どんどん歯が抜けていく歯周病の治療をあらかじめ終わらせておくこと。

二つ目はインプラントした後でも定期的なメンテナンスを受けることです。しかしながら、もしメンテナンスを放置すると人工歯根が抜け落ちるインプラント特有の歯周病になる可能性があります。

インプラントの歯科を選ぶ際の重要な項目はやはりあります。
第一に今までの症例数の多いクリニックであるかでしょう。

またインプラントの治療以外の治療方法や、それぞれのメリットとデメリット、治療期間や保障などをわかりやすくかつ丁寧に納得するまで説明してくれる歯科医院かどうかですね。最後に術後の定期健診を医師だけでなく専門のスタッフなども完備している歯科医院であるのかどうかもしっかり参考にしなければいけないでしょう。

インプラントはどういう構造かと申しますと、チタンもしくはチタン合金で作られた人工歯根とその歯根部の上にとりつける支台部と、でその支部台の上に人工の歯冠をかぶせるからなる3つの部位でできた造りになっているのです。次にインプラントの種類はインプラントとアバットメントをネジでくっつける2ピースのタイプと歯根と支台が一体と化した1ピースタイプの二つがあります。

とても嫌なインプラント歯周炎という病気が存在します。この歯周炎は2つの病気に分類されます。

まず一つ目はインプラントと周囲粘膜にだけなる周囲粘膜炎です。二つ目は顎の骨の方まで炎症したものです。インプラント周囲炎の症状としては出血がでたり膿がでたり、歯茎が痩せ細ったりする症状があげられます。歯周病とかで抜歯した後は、治療方法には3つが選べれます。

よく聞く入れ歯とブリッジ、インプラントです。

ブリッジは他の何も問題ない歯を削る必要が生じます。加えて、はめる部位によっては銀歯にしなければいけません。

しかしながら、手術もいらず、治療期間もそれほど短いなどのメリットがあります。

入れ歯ではメリットはブリッジと同じといっても過言ではありませんが、異物感を感じやすく、非常にかみ合わせが悪い場合があると欠点があります。最後の治療法のインプラントではインプラント自体が高額で、外科手術をしなければならず長期の治療期間になるデメリットがあるのだけれども、他よりは審美性が良く、天然歯と同様の力で噛む事ができるメリットであるため、長い目でみてもおすすめです。インプラント治療法には良い点と悪い点があります。メリットでは、生まれ持った歯と同じパワーで噛む事ができます。

次に、健康の歯を削る必要がないことです。

そして、見た目の上でも美しく、天然の歯と見分けがつきません。

それからブリッジや入れ歯との違いでいうと、まずインプラントには何か口の中に入れているという感覚がありません。

さらにインプラントはきちんと会話ができるメリットもあります。ではデメリットの方では、値段が高いということです。人工歯根を骨の中に埋め込む外科処置が必要となってきます。また、メンテナンスは必須な治療方法です。さらに全てのインプラントが骨とつくわけではないということです。

http://xn—-jeu2encweqcc8833gyep4g6b.xyz/