そもそもインプラントは患者にとってメリットとデメリットがあります。

最初にメリットは本来の自分の歯をほぼ同じ力で噛むことができるということです。

つぎに健康である歯をけずる必要がないことです。

そして審美的にもよく、自分の歯と見分けがつきません。

それからブリッジや入れ歯との違いでいうと、まずインプラントには何か口の中に入れているという感覚がありません。

さらにインプラントはきちんと会話ができるメリットもあります。

逆にデメリットでは、インプラントそのものが高額です。

人工歯根を骨の中に埋め込む外科処置が必要となってきます。

また、メンテナンスをしないといけません。

さらにインプラント治療はすべての人に出来る治療ではないということです。例えば糖尿病の人はできない場合があります。

ずっとインプラントを使い続けるためにも是非忘れないでほしい大事なことがあります。それはインプラント治療開始前に、大変恐ろしい歯周病の治療をきちんとしておくことです。次に、治療後でもメンテナンスを怠らずにしてもらことです。

しかしながら、もしメンテナンスを放置すると突然インプラントが抜けてしまうインプラント周囲での炎症になったりします。インプラントの歯科医院をチョイスするポイントが存在します。

まず、経験豊富な医者であるのかどうかが非常に大事です。
そしてインプラント治療のみならず、他の治療方法や、しっかりとメリットだけではなくデメリットの説明や、費用・保証・治療期間などを患者目線に立った上で丁寧に説明&相談してくれる歯科医院かどうかも大事な選定ポイントです。最後にインプラントの治療・手術が終わった後でもきちんと定期検診してくれる医院かどうかも慎重に見極めなければなりません。

http://xn—-jeu2encweqcc8833g4uzbyj9b.xyz/

抜歯した後は、概ね3つのパターンで治療になります。それはブリッジ治療・入れ歯治療・インプラント治療になります。ブリッジからいくと他の何も問題ない歯を削る必要が生じます。加えて、部位によって銀歯になる可能性があります。だが、割と簡単に治療でき、いうほど違和感を感じないという良い点(メリット)があります。聞きなれた入れ歯では良い部分はブリッジと近いですが、異物感を感じやすく、咀嚼能力が低いというデメリットがあります。最後に最近注目を浴びているインプラントより金が掛かる自由診療で、外科手術をしなければならず長期間の治療を生ずるというデメリットがあるけども、他よりは審美性が良く、自分の歯に近い噛む能力を回復できるメリットであるため、長い目でみてもおすすめです。
インプラント構造は、チタン製のフィクスチャーつまり人工歯根部と人工歯根の上に取り付けられる支台部と、それからそこをかぶせる上部構造の人工歯冠という3つの部位でできた造りになっているのです。
また、インプラントの種類には人工歯根と支台部をネジで留める2ピースタイプと逆にインプラント(人工歯根)とアバットメント(支台部)が一体化として成り立っている1ピースタイプのものがあります。インプラント歯周炎という病気が存在します。
これは2つに分けられます。

第一にインプラントのその周りの炎症を起こす初期のインプラント周囲粘膜炎です。

二つは人工歯根を支えた骨にまで炎症が達した段階の周囲炎です。周囲炎の症状としては粘膜が発赤したり膿がでたり、歯茎の退縮になったりする症状があげられます。