歯を抜いた後、概ね3つのパターンで治療で行っていきます。

ブリッジ、入れ歯、インプラントです。ブリッジというのは他の何も問題ない歯を削る必要が生じます。

そして、はめる所により銀歯になります。でも、治療期間も短期で、違和感も少ないといったメリットがあります。次の入れ歯ではブリッジと同様程度のメリットですが、なにか変な感じという違和感があり、天然歯と比べて非常に噛みにくいという良くない点があります。

最後にインプラント治療法はどうしても他の治療法より高額で、外科手術がマストかつ埋入歯の数によって治療期間が長いというデメリットがそれぞれ存在しますが、審美性は抜群に高く、自分の歯と同じようにご飯などを噛めるようになるメリットがあります。

長くインプラントを持たせるためにも、かならず忘れてはいけないチェックポイントがあります。
それはインプラント治療を進める前に、とても怖い歯周病の治療を終了させておくことです。そして次にきちんとインプラント治療後も日頃の手入れや歯科医院のメンテナンスをきちんと受診することです。

けどそのままケアをしなかったりするとある日インプラントそのものが抜け落ちる恐ろしいインプラント周囲炎にかかったりします。インプラント治療をしている歯科医院選びのポイントはやはりあります。まずは実績・技術力ともに全く問題ない歯科医師であるのかどうかが非常に大事です。

次に、きちんと他の治療方法や、しっかりとメリットだけではなくデメリットの説明や、費用や保証や治療期間などをわかりやすく説明する歯科医院であるのかどうかです。

最後にインプラントの治療・手術が終わった後でもきちんと定期検診してくれる医院かどうかも非常に大切な選項目です。

インプラントというのはメリットとデメリットがあります。

まずメリットは、天然の歯とほとんど同じぐらいの力でかむことが可能です。
次では、インプラントをする以外の健康の歯には影響をうけません。
そして審美的にもよく、自分の歯と見分けがつきません。
それから入れ歯と異なり、口の中に何か入っているといったことを感じず自然な感じです。

さらにきちんと会話もでき、不便を感じません。

ではデメリットでいくと、インプラントそのものが高額です。

そして手術が伴います。

また、メンテナンスをしないといけません。
さらに全てのインプラントが骨とつくわけではないということです。

なりたくないインプラント歯周炎があります。これは進行状態によって2つに分けられます。ひとつめは埋入したインプラントのその周囲にだけなる周囲粘膜炎です。

それから進行形のインプラント周囲炎です。インプラント周囲炎の症状としては粘膜が発赤したり膿がでたり、歯茎が痩せ細ったりすることです。
インプラント構造は、チタンもしくはチタン合金で作られた人工歯根と人工歯根の上に取り付けられる支台部とそしてその上にかぶせるセラミック等の人工歯という部品からなる構造です。

次にインプラントにはどういうものがあるかというと歯根と支台部をネジなんかでとめる2ピースタイプと逆にインプラント(人工歯根)とアバットメント(支台部)が一体化として成り立っている1ピースタイプのものがあります。

http://xn—-jeu2encweqcc6593mdk3b.xyz/